Let Life be Beautiful

忙しくても丁寧で豊かな暮らしを目指す、アラフォーワーキングマザーのブログです  

グルテンフリーパン 実食レポート①

 

f:id:hacchi2020:20200531095250j:plain

前回はグルテンフリー生活のはじめ方ということで、入手したグルテンフリー商品を少しご紹介しました。記事はこちら→グルテンフリー生活のはじめ方

今回は、ご紹介した商品の中から実際食べたものについて実食レポートをしていきたいと思います。(あくまで個人の体験になりますのでご了承くださいませ)

第一弾としてご紹介するのはこちらになります。

  • TAINAI 香ばしい焼いて美味しい玄米パン
  • TAINAI 焼いて美味しい玄米パン  
  • TAINAI 焼いて美味しいお米パン 

こちらのグルテンフリーのパンは通販でお取り寄せも可能です。おうち時間も増えているので嬉しいですよね。

TAINAIについて

f:id:hacchi2020:20200531103923j:plain

TAINAIのお米パン・玄米パン

商品にはTAINAIと記載がありますが、製造は「株式会社タイナイ」で、新潟県産を中心に国産のお米100%で米粉パンや米パン粉の製造、販売を行っています。米粉パンは卵・小麦粉・乳製品不使用で、アレルギー特定原材料を含む28品目すべてを持ち込まない専用工場で製造しているので、アレルギーをお持ちの方でも安心して食べられますね。詳細はタイナイの公式サイトにて確認できます。 

TAINAIのパン実食

私は成城石井で購入しましたが、TAINAIのパンは楽天や公式サイトからでも注文できます。3種類の1斤タイプのパンと2種類のまんまるパンがありますが、今回は3種類の1斤タイプをひとつずつ入手いたしました。賞味期限が心配でしたが、1週間以上は持つようなのでその間に食べきれるかなと思い、3斤分を購入です。

 公式サイトでは下記のような食べ方をオススメしていますよ。

  1. 1.5cm程度にスライス
  2. トースターでしっかり焼き目をつける(500Wで4~5分、1000Wで2~3分)
  3. 外はカリっと中はもちもち!

記載の時間通りにやってみましたがまだボソボソしていたので、1~2分ほど追加してさらに焼き目をつけるようにしています。ご使用の機種に合わせて調整してみてくださいね。

焼いておいしい玄米パン  

国産玄米から作った玄米粉を100%使用し焼き上げ、玄米の素朴な味わいを楽しめます。

f:id:hacchi2020:20200531145259j:plain

パッケージ

「小麦、乳製品、卵が不使用」と明記されているので安心ですね。サイズは縦18cmくらいで結構ずっしりしています。

f:id:hacchi2020:20200531145310j:plain

包丁でスライス

玄米粉なのでほんのり茶色いですね。生地はみっちりしているからか、小麦粉のパンのようにフワフワで包丁で切りづらい、ということはなくサクッとスライスできました。

 

f:id:hacchi2020:20200531145320j:plain

こんがりトースト

しっかり焼け目がつくまでトーストしました。ところどころ穴が開いていますが、特殊な製法によるもので味や品質には問題ないとのことです。

 

f:id:hacchi2020:20200531145332j:plain

お皿に盛り付け

一つはチーズをのせて焼いてみました。しっかり焼き色をつけたからかサクっという食感が楽しめ、さらにモチっとした中の生地から玄米の味が広がります。といっても玄米が主張しすぎないので「玄米が苦手」という方でも楽しめますし、チーズ等他の食材とも相性がよさそうです。

香ばしい焼いておいしい玄米パン

「香ばしい」と書いていますが、先ほどご紹介した「焼いて美味しい玄米パン」との違いは、香ばしさを引き立たせるために焙煎した玄米粉を加えているため、ビターな苦みのある味わいを楽しめます。

f:id:hacchi2020:20200531104752j:plain

パッケージ

 玄米粉100%に加え、焙煎しているということでパッケージの外からでもパンの色が黒いのが分かりますね。

 

f:id:hacchi2020:20200531103924j:plain

包丁でスライス

袋から出すとフワっと香ばしい匂いがします。こちらも特殊な製法のためからか、包丁でスライスした際に自然と割れてしまいました。3種類の中でも、このシリーズが1番生地がかたく中が割れていたかなと思います。

f:id:hacchi2020:20200531104841j:plain

こんがりトースト

元々の色が黒めなので分かりづらいですが、しっかり焦げ目をつけて焼いてみました。トースターにのせるときにはもう完全に割れてしまい、見た目はちょっときたなくなってしまいました。。トースターにのせた際にパンからたくさん粉が落ちています。

  

f:id:hacchi2020:20200531103952j:plain

お皿に盛り付け

商品の説明のとおり3種類の中でも1番玄米の香ばしさを楽しめ、かむとほどよい苦みも感じられたりと味の輪郭がしっかりしています。生地はかためで、「サクッ」というより「ガリッ」という感じでこどもは「ガリガリおせんべい美味しいね~」と言っていました笑 個人的にはこれが1番好みに合っていました。

 

焼いておいしいおこめパン

f:id:hacchi2020:20200531150141j:plain

パッケージ

玄米は入っていないですが、パンの色は「焼いておいしい玄米パン」とあまり変わらないように見えます。こちらは玄米パンシリーズに比べてお値段が少しお安いです。

f:id:hacchi2020:20200531150148j:plain

包丁でスライス

これも特殊な製法から真ん中に穴が開いていますね。切った感じでは他2種類にくらべるとみっちり感はやや少なく、軽い感じがしました。玄米が入っていないので真っ白ですね。

 

f:id:hacchi2020:20200531150158j:plain

卵液をつけてフレンチトーストに

実はトーストをしたのですがうまくサクッと焼けず、ボソボソしてしまいました。急遽卵液をつけてフレンチトーストにしてみました。

f:id:hacchi2020:20200531150209j:plain

お皿に盛り付け

ふわふわというより、モッチモチのフレンチトーストになり今まで味わったことのない食感でとても新鮮でした。米粉パンの特徴からか噛めば噛むほど甘味がでてくるので、お子様にも喜んでいただけそうです。

まとめ

正直な感想として、小麦のパンのようなフワフワ感は少ないので、全く同じものを想像すると「あれ、違う。。」と思われるかもしれません。ただ、米粉パン特有の「外はサクッ、中はモチッ」という食感や、玄米の香ばしさやお米の甘みを味わえたりと、新しい形のパンとして楽しめるのではないかなと思いました。

特に玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、完全栄養食と言われるくらいなので、健康を気にされる方は一度試してみてはいかがでしょうか?